インプラントを安全に受けるために

サイト内検索(by Google)


インプラント治療とは

歯医者さんに行けば必ず目にする広告が、「インプラント」かもしれません。
一昔前まではあまりよく聞かれませんでしたので、最近の技術の進歩に伴って開発された治療技術であるはずです。
実際、自分の歯に問題を抱えていて、もうそろそろ入れ歯になるかもしれないと思っていたら、歯科医からインプラントをすすめられたという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、歯の治療に関しては、歯科医の言うことを鵜呑みにして身を任せるわけにはいきません。
その後の経過によっては、自分が苦しむことになるからです。
加えて、インプラントの場合は、その費用を聞いてびっくりしてしまう方もおられます。
では、最初にインプラントとはそもそも何かということをはっきりさせておきましょう。
インプラントとは、簡単に言うと、失われた歯の代わりをしてくれる、人工の歯のことです。
その人工の歯を据え付けるために、歯根をあごの骨に埋め込み、その土台の上に、見た目では自然の歯と区別が難しいほど精巧につくられた人工の歯を据えます。
インプラントの利点としては、見た目でも、人工の歯であるにもかかわらず違和感がないことです。
さらに、自分の歯と同じように噛んでものを食べることが可能になります。
このような利点を、入れ歯の場合と比べてみると、入れ歯では決してこの2点において満足する結果を得ることはできません。
先ほども述べましたように、人工の歯を据え付けるためには歯根が必要になります。
それで、インプラント治療は、人工歯根を固定するための手術を伴います。
手術の際に、あごの骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込まなければなりません。
そして、その歯根を骨と結合させて、その後その上に人工の歯を乗せる形になります。
インプラントは、単純に考えて3つのパーツを用います。
骨と結合させるための歯根、人工の歯、そしてそれらを連結させるもの、この3つが必要になります。
細かい点は抜きにして、大よそのイメージをつかむことができたでしょうか。